乳酸菌は大きく分けて2つある

2syuruinonyuusannkinn.png

乳酸菌は大きく分けて植物性乳酸菌と動物性乳酸菌に分けられます。
両者の違いは、植物性乳酸菌が植物由来のもので、動物性乳酸菌が牛のミルクなどに含まれる乳酸菌という違いがあります。

一般的に植物性乳酸菌の方が、過酷な環境でも生き抜くことができるので、体に対して好影響が出やすいとされています。
その理由として、植物性乳酸菌は、ブドウ糖や果糖、ショ糖、麦芽糖などの多糖類を食べて生きていくことができます。
それに比べて、動物性乳酸菌は乳糖を食べて行くしか生きる手段がありません。
さらに、植物性乳酸菌は糖の濃度がまちまちであったとしても、しっかりと生息することができます。

動物性乳酸菌は、糖の濃度が一定のところでないと、うまく生きることができません。
頑丈さにかなりの違いがあり、植物性乳酸菌の方が餌の種類も豊富です。
塩分濃度に関しても、動物性乳酸菌は濃度が高いと生きていくことができないです。

植物性乳酸菌は漬物などに代表されるように、高濃度でも生きることができ、美味しい料理となりやすいです。
植物性乳酸菌は様々な微生物と共存することも可能となっています。
動物性乳酸菌は、あまり色々な微生物と共存することができず、単独でないと生存できないことも多いです。

日本はこの植物性乳酸菌を含んだ食品が豊富にある国だとされています。
ミソやぬか漬け、漬物などが伝統的に料理としてあり、自然と植物性乳酸菌を摂取することができます。

しょうゆやたくあん、日本酒などからも植物性乳酸菌を摂取することができるので、丈夫な植物性乳酸菌を積極的に摂取してみて下さい。