動物性乳酸菌を多く含む食品

yogurto.PNG

乳酸菌には、動物性乳酸菌と植物性乳酸菌の2種類あると言う事をご存じでしょうか。

動物性乳酸菌は、乳製品と聞いてすぐに思い浮かぶものが含まれてます。
牛乳主体で作られた、チーズやヨーグルトは動物性乳酸菌に分類されます。

他にも動物性乳酸菌は沢山有ります。
バターやスキムミルク、練乳や育児用粉ミルクも全て牛乳から作る事が出来ますよね。
牛乳から生まれる乳製品のほとんどが、動物性乳酸菌に分類されるのです。

しかし、動物性乳酸菌が苦手と言う人も沢山います。
胃が弱い方等は、牛乳から作られた食品を食べるとお腹が痛くなってしまう人や下痢の症状が起きる人もいるのです。

乳製品を摂取すると、腸内の活動が活発になり、蠕動活動も起きてくるでしょう。
もともと腸が弱い人は、急な腸の動きに耐え切れずに腹痛を起こしてしまうのです。

もし、胃腸が弱いけれども動物性乳酸菌を摂取したいのであれば、温めた牛乳等から摂取し始めて見ては如何でしょうか。
お腹に何かを入れてから食べ始める事も良いと言われています。

乳酸菌を摂る事はとても良い事ですが、動物性乳酸菌は乳酸菌の力も強く、体内ですぐに効果を実感する事が出来るのです。
もし、胃腸が弱いけれども乳酸菌を取りたいので有れば、動物性ではなく植物性の乳酸菌を取った方が良いかも知れませんね。
植物性乳酸菌を含んだ食品も沢山有りますし、そちらの方が体に優しく、胃腸に弱い方でも安心して摂取をする事が出来る食品も多いのです。