善玉菌とは?

Fotolia_44777229_XS.jpg

善玉菌とは、腸内に存在する菌の一つです。
腸内には何百もの数の菌が存在していますが、善玉菌はその中でも健康に良い、体の為になる菌なのです。

善玉菌には沢山の種類がありますが、ラクトバチルスとビフィズス菌の2つが有名でしょう。

ラクトバチルスは酸素が無くても育ち、乳糖、ブドウ糖を利用し増えていきます。
乳酸を生成したり、ビタミンの合成や吸収、補助が主な役割です。

ビフィズス菌は逆に酸素がないと育つ事が出来ない善玉菌です。
その他の性質はラクトバチルスとほとんど同じですが、小腸で生息しているラクトバチルスと違い、大腸に存在しています。

善玉菌を増やす為には、善玉菌が沢山含まれている食品をたくさん摂取する必要があります。
発酵食品に多く含まれているので、漬物を始めキムチやザーサイを食べる事で善玉菌を取り込む事が出来ます。
他にも牛乳やみそ、ナチュラルチーズの様な乳酸菌でも体内に摂取する事が出来ます。

これらの食品は乳酸菌も沢山含んでいるので、善玉菌の活動を更に増長させてくれます。
栄養豊富で健康的な食品ばかりなので、出来るだけ食べるようにしましょう。

また、善玉菌の活動を活発化させる為にはエサとなるオリゴ糖やグルコン酸の摂取も必要となっています。
はちみつやポン酢等に多く含まれているので、積極的に摂るようにして下さい。

善玉菌が増えれば増えるほど、腸内環境は整い腹痛改善や便秘改善、様々な病気の予防にもなります。
健康の為にも、腸内の善玉菌を増やしてみませんか。