動物性乳酸菌の特徴

牛乳.png

動物性乳酸菌の特徴は、まず、動物のミルクに含まれているという点にあります。
牛のミルクに含まれる乳酸菌が有名ですが、その他の動物のミルクにも含まれています。

ヨーグルトなども動物性乳酸菌が使われていましたが、最近では植物性乳酸菌も多く使われるようになっています。
また、動物性乳酸菌は植物性乳酸菌に比べて、それほど丈夫でない点が特徴となっています。

餌に関しても、乳糖以外は食べることができず、積極的に乳糖を摂取しないと腸内で生息することもできなくなります。
胃酸で溶けてしまうことも多く、他の微生物と共存が難しいという特徴もあります。

さらに、動物性乳酸菌は乾燥にも強くありません
ある程度の水分量が必要となっており、あまり乾燥した食品は作ることができないという特徴を持っています。

熱にも弱いので、熱い温度で料理してしまうと、死滅してしまうこともあります。

ただし、動物性乳酸菌の死骸に関しても、摂取すると腸内の善玉菌の餌になったり、免疫系を刺激してくれると言われています。
動物性乳酸菌はとっても意味がないということはなく、しっかりと摂取しておいた方が健康に良くなると言えるでしょう。

動物性乳酸菌を利用した料理としては、くさやや鮒寿司、キビヤックなどの料理が有名です。
世界一臭い食べ物とも言われるシュールストレミングも動物性乳酸菌を使った料理となっています。

このように、動物性乳酸菌は少し弱い乳酸菌ですが、食べることで健康に役立ってくれる乳酸菌となっています。