植物性乳酸菌の特徴

Fotolia_44844168_XS.jpg

植物性乳酸菌の特徴として、動物性乳酸菌に比べて非常に丈夫であるという特徴があります。
特に最近注目されているのが、酸に強いという点です。

乳酸菌は胃酸で殺されてしまうので、なかなか腸まで生きて到達できないと聞いたことがあるかもしれません。
しかし、それは動物性乳酸菌での話です。

植物性乳酸菌の場合には、しっかりと胃酸に負けずに腸内にたどりつくことができ、体に好影響を与えてくれます。
一般的に植物性乳酸菌が腸内で生存する確率は、動物性乳酸菌の10倍と言われており、腸内環境にも強い乳酸菌です。

それと、植物性乳酸菌は、餌の種類が豊富な点が特徴となっています。
動物性乳酸菌の場合には、乳糖しか食べられないので、餌が不足してしまうこともあります。

しかし、植物性乳酸菌は、ブドウ糖から果糖、ショ糖、麦芽糖など色々な糖類を食べることができます。
腸内に送っておけば、勝手に腸内の糖類を食べて増えてくれる点で、管理も楽な乳酸菌だと言えます。

漬物やみそ、しょうゆ、酒、寿司など多くの食品に植物性乳酸菌は使われており、日常的に摂取する機会も多い乳酸菌でもあります。

植物性乳酸菌は、免疫活性作用やがんの防止作用、便秘や下痢の解消、風邪やインフルエンザの予防効果もあります。
便秘気味の時や、下痢気味の時に摂取できるように、整腸剤などにも配合されていることがあります。

しっかりと植物性乳酸菌を摂取して、体を健康に保つようにしてください。