乳酸菌の効果

善玉菌と悪玉菌.png

乳酸菌の効果は色々とありますが、まずは、腸内環境の改善があります。
整腸剤には必ずと言って良いほど乳酸菌が配合されていますが、それは整腸作用が強いからです。
薬剤などと違って、副作用も少なく、もともと人間の体内にあるものなので、問題が起こりにくいです。

具体的な整腸作用としては、悪玉菌の減少があります。
腸内には様々な菌が存在しており、体に良い菌と悪い菌があります。

乳酸菌は、体に良い善玉菌に分類され、体に悪い悪玉菌を減らしてくれる効果があります。
腸内に菌が存在できるスペースは限られているので、腸内に善玉菌が増えるほど、悪玉菌の住む場所は少なくなっていきます。
そうすることで、腸内が善玉菌優位になり、腸の機能が活性化されてくれます。

悪玉菌が少なくなることで、腸の病気などにもなりにくくなるという効果もあります。

さらに、乳酸菌は腸だけでなく、胃にも好影響を与えることがあります。
胃に存在しているピロリ菌などの悪い菌を減らしてくれたり、胃の調子を整えてくれることもあります。

また、乳酸菌の中でも、ビフィズス菌は腸内に長くとどまるとされています。
乳酸菌などの菌類は、死んでしまったり、便と一緒に排出されてしまうので、継続摂取が必要です。
ビフィズス菌の場合には、ある程度長い期間腸内にとどまって好影響を発揮してくれるので、腸内環境の改善により効果が高いとされています。

その他、乳酸菌は免疫力の向上も行なうという研究結果が出ています。
風邪の予防や、インフルエンザの予防などにも、乳酸菌をとると役立ってくれます。