乳酸菌は継続的に摂取することが大切!

Fotolia_44790043_XS.jpg

乳酸菌は継続的に摂取することが大切です。

その理由として、乳酸菌には寿命があったり、体外に排出されることがあるためです。
便の中に乳酸菌が多量に含まれていることも多く、なかなか腸内に乳酸菌はとどまってくれません。
しっかりと継続的に摂取することで、腸に好影響を与え続けることができます。

さらに、乳酸菌の役割として、悪玉菌を減少させる役割があります。
なぜ乳酸菌が悪玉菌を減少させるかというと、悪玉菌の食べ物や住みかを奪ってしまうからです。

継続的に摂取しないと、せっかく食べ物がなくて弱っている悪玉菌が復活してしまうこともあります。
続けて摂ることで、乳酸菌が悪玉菌に完全に勝つことができ、腸内環境が大きく改善することもあります。

よく乳酸菌飲料などの宣伝文句として、2週間ためしてみてくださいという宣伝文句を聞くと思います。
継続的に摂取することで、悪玉菌が減り、はっきりと乳酸菌の効果が出てくることが多いと言えるでしょう。

また、乳酸菌は歳をとるごとに体内から減少していくとされています。
しっかりと継続的に摂取を続けることで、体内からの減少を抑えることができ、免疫力の向上なども行なうことができます。

その他、体内にもともといる乳酸菌の餌として、乳酸菌の死骸が利用されることがあります。
死んでいる乳酸菌であっても、継続的に摂取していると、体内にもともといる乳酸菌の数を増やしてくれます。

このような理由から、乳酸菌は継続摂取が望ましいとされています。