乳酸菌を摂取するタイミング

nattouyoguruto.png

乳酸菌を摂取するタイミングは、基本的におなかが減っていない時が良いとされています。
その理由として、乳酸菌は胃酸に弱いという理由があります。

9割近くの乳酸菌が胃酸で殺されてしまうとされており、胃酸は乳酸菌の大敵となっています。
食後などの胃酸の影響が強くない時ならば、胃を突破できる乳酸菌が増えて、効果が高くなってくれます。

アンケートなどでも、朝食と一緒に摂取するという人が多く、食事と共に摂取するのがタイミング的にはベストと言えます。
胃酸に強い乳酸菌なども多く発売されているので、そういった乳酸菌であればそこまで時間は気にする必要がありません。
採りたいタイミングで継続的に摂取することの方が大事になります。

また、乳酸菌を摂取するタイミングとして、オリゴ糖や食物繊維を食べた時に一緒に摂取すると効果が高くなるとされています。
乳酸菌の餌は、オリゴ糖や食物繊維です。
しっかりとオリゴ糖を摂取した時や、しっかりと野菜類などを食べた時に、乳酸菌を摂取すると相乗効果でより効果を発揮してくれます。

それと、乳酸菌の薬やサプリメントなどでは、夜寝る前に飲んで欲しいというものもあります。
朝快便になるためには、夜に飲んだ方が効果的な薬やサプリメントもあります。
そういった薬やサプリメントの場合には、しっかりと決まった時間に摂取した方が効果が大きくなると言えるでしょう。

タイミングよりも、継続的に摂取することの方が大事なので、時間を決めて摂取する習慣をつけた方が効果が大きくなります。