乳酸菌で花粉症を予防しよう

004860.jpg

免疫力を高めアレルギー系疾患の症状を緩和、予防する事が出来る乳酸菌は花粉症にも効果があると言われています。

アレルギー反応とはそもそも、一般的には全く影響のない物質を体内が勝手に異物だと思い込み排除しようとする働きです。
花粉は、特に体に危険がある物質でもありませんし、花粉が体内に入っても何も起こらない人も多いでしょう。
しかし、花粉症の人は花粉がアレルギーとなってしまい、花粉が異物だと判断され、排除する為にくしゃみや涙、鼻水等の症状が現れます。

花粉症は、ある日いきなり症状が出てくる物です。
去年までは全く花粉症の症状が無かった人でも、突然現れるので厄介ですよね。

なぜ、乳酸菌が花粉症に良いのでしょうか。
花粉症の症状は、体内にあるヘルパーT細胞のTh1細胞とTh2細胞が関係しています。

このTh1細胞よりもTh2細胞が多いと、花粉症のアレルギー反応が引き起こされてしまいます。
その為、Th1細胞を増やすもしくはTh2細胞を減らす事でアレルギー反応を軽減する事が出来ます。

実は乳酸菌には、Th1細胞の働きを活性化する力があるのです。
Th1細胞の量を増やす事で、アレルギー反応を緩和する事が出来ますし、まだ花粉症になっていない人も花粉症を予防する事が出来るのでしょう。

他にも花粉症には、ポリフェノールが豊富なルイボスティーや赤しそ、ペパーミント等が良いそうです。
かかってしまうととても辛い花粉症を、乳酸菌で予防してみませんか。