乳酸菌の口臭予防効果

69b66d9ad7bf0a25d7dbd3d74ac1eeef_s.jpg

口臭は、自分では気づき難い物ですよね。
年齢を追うごとに、口内の唾液分泌量が減り口臭も悪化して行くと言われています。
自分自身では気づき難い物ですし、人からも指摘しにくい部分でしょう。

そんな口臭予防として乳酸菌が良いと言う事をご存じでしょうか。

口臭の主な原因は、虫歯菌や歯周病菌なのです。
どちらも一度発生してしまうと改善しにくい物なのですが、乳酸菌はそれらの病原菌抑制に高い効果を発揮してくれるのです。

唾液の中には、LS1乳酸菌と言う成分があります。
この成分は発酵食品に多く含まれている乳酸菌であり、口内の細菌バランスを整える効果のある乳酸菌なのです。

口内は湿った空間なので、細菌が繁殖しやすい空間です。
しっかりと乳酸菌を摂取する事で、細菌の繁殖を防ぎ口臭予防にも繋がるでしょう。

口臭対策と言うと、普段の歯磨きを始め、口臭対策スプレーや食品等、色々な物が有りますよね。
もちろん普段の食生活や口内清掃で口臭を予防する事も大切です。

それに加えて、乳酸菌でも口臭予防をして見ませんか。
口臭対策のスプレーだけでは、口内に増殖した細菌を消滅させる事は出来ません。
最近は、LS1乳酸菌の効果の高さがどんどん注目され、LS1乳酸菌を配合した口臭改善タブレットや歯磨きまで販売されている程なのです。

勿論ヨーグルト等からも摂取をする事が出来ます。

日頃からしっかりと口臭ケアをし口内の細菌を減らす事で、口臭に悩む心配も無くなります。