カゼイ菌とは

ヤクルト.PNG

カゼイ菌は、乳酸菌の1種で菌の形状は棒状になっているとされています。

日本ではラクトバチルス・カゼイ・シロタ株が有名ですが、単にカゼイ菌として省略されて覚えている人もいるでしょう。
L.カゼイ・シロタ株や乳酸菌 シロタ株として覚えている人もいます。

1930年に後のヤクルト創始者である医学博士代田稔さんが同学部微生物学教室にて強い酸性培地で乳酸菌を培養していてた時に発見されました。
胃酸や胆汁などの消化液にも耐えることが出来て、生きて超まで到達する事で悪い菌を退治する乳酸菌を発見したのです。
この乳酸菌を商品化したのが1935年に販売されたヤクルトになると聞きました。

最近の研究で細菌の様子を見ることが出来ますが、シロタ株が大腸菌群を押し返す様子が分かります。
一般的には乳酸桿菌と呼ばれる事もあるそうです。

ビフィズス菌と同様に、生きたまま腸に到達する事が出来るのが特徴になります。
カゼイ菌の特徴として、他の乳酸菌よりも胃液や腸液耐性が強いのも良い働きを期待できるでしょう。

また腸内で増殖が可能ですから、腸内の働きを良くする事が出来ます。
そして、胃液や胆汁中でもほとんど死滅することないので、排便まで生き残るのも特徴です。
カゼイ菌が増殖をしていくと、腸管内の悪玉菌を減少させる働きがあります。

そして腸内の善玉菌が増る事になりますから、腸内環境を良くする事が出来るのです。
また口内で使用した場合には、ジンジバリス菌増殖を抑えることが可能とされていますので、口臭予防の対策が出来ると期待されています。