ラブレ菌とは

2 .PNG

ラブレ菌は、ルイ・パストゥール医学研究センターの岸田綱太郎博士が、京都の伝統的な漬物であるすぐき漬けから発見した乳酸菌です。
乳酸菌は動物由来の乳酸菌と漬物や味噌などから発見される植物由来の乳酸菌がありますが、ラブレ菌は植物由来の乳酸菌です。
ラブレ菌は、ルイ・パストゥール医学研究センターと日東薬品工業が共同で特許を所有しているのも特徴になるでしょう。

またラブレ菌は、植物性乳酸飲料として販売されています。
ラブレ菌が発見された経緯は、世界的に長寿国として知られている国は、発酵食品のヨーグルトを食べる習慣があったのですが、
京都の男性が長寿全国2位であるという新聞記事を発見しました。

日本では発酵食品を昔からよく食べていますが、味噌や漬物が良く食べている事で知れられています。
そこで京都の伝統的な漬物であるすぐき漬けには、何か有効な微生物がいるのではと推測して、研究した結果としてラブレ菌が発見されました。

乳酸菌の定義であるグラム陽性の桿菌である事、あるいは球菌である事、またはカタラーゼ陰性である事と、ブドウ糖から乳酸を産生するという定義に沿っているかを確かめました。
標準菌株と違う事が分かりましたが、凝集性のあるものが、あるお店のすぐき漬けしか発見されず、
ラブレ菌には、免疫賦活作用がある事が分かっています。

インターフェロンα産生能を高める能力があります。
免疫力を高めますが、腫瘍細胞に対しても直接的に増殖抑制作用がある事が分かっています。
またがん細胞に対してもナチュラルキラー細胞を活性化させる事でがん細胞への攻撃力を高める事が分かりました。