便秘解消に乳酸菌が良い理由は?

説明

便秘になりやすい原因はいくつかありますが、その中で1番の原因が「悪玉菌が多い」ということです。

悪玉菌が多いから便秘気味になってしまう。ということですね。


便秘になる直接の原因は、腸内環境が悪い状態(悪玉菌が多い状態)へと傾いていくことで、スムーズに排便できなくなり、その状態がさらに悪玉菌を増やす原因となる悪循環に陥ります。

悪玉菌が増えると、有害な毒素を拭くんで便の色が黒くなり、固くなってしまいます。


このような状態が続くと排便するのが難しくなるため、
腸内に便がとどまる時間が増え、水分が減り余計に固くなります。


このような状態を避けるためには、腸内で良くない働きをしている【悪玉菌】を退治し、
腸内環境を改善することにあります。


そして本来あるべき存在である【善玉菌】を増やし、腸内の環境を正常な状態へと導き、その結果、便の状態をよくすることが便秘解消へとつながります。


本題である乳酸菌は、【善玉菌】の一種であり、乳酸菌がが生きたまま腸へ届くことで
悪玉菌が多い環境を善玉菌が多い環境へと変えて行き、その結果、便の状態を正常な状態へとしてくれます。

便の色が黄色く、適度な柔らかさになる。ということですね。


また乳酸菌が多い腸だと病原菌の増殖を防ぐだけではなく、高い免疫力も維持する為、体調を崩すことが減少します。


こうしたメリットもある乳酸菌を日頃から摂取することで
便秘の解消だけではなく、様々な健康面での状態を改善してくれます。

お腹の中の環境こそが私たちの健康状態を保つ上で欠かせない。

というワケなのですね。