タグ「アシドフィルス菌」が付けられているもの

アシドフィルス菌とは

アシドフィルス菌.PNG

アシドフィルス菌は、人間の体内に存在している乳酸菌の一つです。
1900年にオーストリアのモローによって発見されたのが始まりです。
1899年にパスツール研究所のティシエが、日本のヨーグルトでも良く聞くことがあるビフィズス菌を発見しました。
その後にモローが別の菌がある事を発見してアシドフィルス菌と命名しました。

アシドフィルス菌は、特に初乳に多く含まれるのが特徴です。
ラクトバチルスに分類さています。

人間の腸内には、100兆個以上の腸内細菌が住み着いていますが、善玉菌と悪玉菌が多くなったり少なくなることで、腸内環境が変化したり、悪玉菌が多いと便秘になる可能性が高くなるでしょう。

アシドフィルス菌は、腸内で乳酸を産生すると善玉菌が働きやすい環境にする事が可能ですから腸内環境を整える効果が出てきます。
特徴として熱や産に強い性質がありまして、直接大腸などに働きかけることが可能です。
生存率は約70%といわれていますから、腸内でもかなり活躍することが期待出来るでしょう。

アシドフィルス菌は、免疫力を高める効果を持っていますが、胃潰瘍や口臭予防を発揮する事も期待されています。
アシドフィルス菌は、ビオチンの生成にも関わっています。
ビオチンが不足すると脱毛や湿疹、あるいは炎症などを起こす可能性や疲労感が出てきたり、食欲不振になる事が指摘されています
他にもブドウ球菌の増殖を抑制したり、血中のコレステロールを抑える働きがあると聞きました。