タグ「ペディオコッカス属」が付けられているもの

ペディオコッカス属とは

sougou.png

ペディオコッカス属は、グラム陽性の球菌です。
4連球菌の配列になっていまして、ホモ乳酸発行をしてきます。

発酵植物製品から分離される事が多いのも特徴になるでしょう。
ピクルスや発酵槽ーセージなどに見られる事が多いです。
キムチもこのペディオコッカス属に属しています。

代表的な菌としてはP. ハロフィルスやP. ペントサセウス 、そしてP. アシディラクティシ、さらにP. ダムノサスがあります。
味噌や醤油は、ハロフィルス菌です。
サラミソーセージは、セルジシエ菌になります。

ハオフィルス菌の特徴は、醤油乳酸菌とも呼ばれていまして、耐塩性が強いのが特徴になるでしょう。
味噌にも使われていますが、塩分を和らげる性質がありました。
発酵していくにつれて味に深みを持たせたり、香りを良くする役割がありますから、
醤油の製造工程や味噌の製造工程で使われる事もあるでしょう。

その中では植物性乳酸菌OSがありますが、腸内環境を改善する働きがある事が分かってきました。
動物実験を行った結果として、植物性乳酸菌OSを4週間与えた所、腸内のビフィズス菌が顕著に増殖していたそうです。

人間での試験も行っていますが、植物性乳酸菌OSで発酵させた野菜や果実汁を混合してできた飲料を2週間程度飲んだ実験があります。
後の結果では、排便のない日がある人で、排便回数や排便日数、排便量が大きく改善した事が分かっています
特に週三日以上の便秘がちな人に効果がある事が分かりました。