タグ「効果」が付けられているもの

misotukumono.png

乳酸菌には、動物性乳酸菌と植物性乳酸菌の2種類があります。
それぞれ含まれている食品も、体内に取り込んだ後の効果も違うのです。

動物性は、ヨーグルトを始め牛乳から作られた食品に含まれています。
暖かい環境で活発に動き、強い力を持った乳酸菌でしょう。

しかし、動物性の物はすぐに死滅してしまう弱さも兼ね備えています。
ヨーグルトには沢山の乳酸菌が含まれてると言われていますが、胃に到達して効果を発揮する前に、胃酸の影響でほとんどの物が無くなってしまうのです。
沢山摂取をする事も大切ですが、胃腸まで届き効果を発揮するのはごく一部でしょう。

植物性は、味噌や漬物等植物から作られた食品に含まれる乳酸菌です。

長期間発酵する事で作られ、塩分の多い環境で育つ事から、動物性の物よりも耐久性のあると言う点が、植物性の特徴でしょう。

その為、体内に取り込んでも胃酸で死滅する事は殆どなく、健康な状態で腸まで到達出来るのです。

乳酸菌は、腸内まで届かなければその効果を発揮する事が出来ません。
確かにヨーグルトは健康に良い、腸内環境を整えてくれると評判ですが、植物性乳酸菌の方が高い効果を実感する事が出来るのではないでしょうか。

便秘に高い効果を実感する事が出来るのは、植物性乳酸菌です。
植物性は、漬物に多く含まれているので同時に野菜も沢山補給する事が出来ます。
野菜の栄養と乳酸菌の力で、より高い便秘解消効果を実感する事が出来るかも知れませんね。

乳酸菌の効果

善玉菌と悪玉菌.png

乳酸菌の効果は色々とありますが、まずは、腸内環境の改善があります。
整腸剤には必ずと言って良いほど乳酸菌が配合されていますが、それは整腸作用が強いからです。
薬剤などと違って、副作用も少なく、もともと人間の体内にあるものなので、問題が起こりにくいです。

具体的な整腸作用としては、悪玉菌の減少があります。
腸内には様々な菌が存在しており、体に良い菌と悪い菌があります。

乳酸菌は、体に良い善玉菌に分類され、体に悪い悪玉菌を減らしてくれる効果があります。
腸内に菌が存在できるスペースは限られているので、腸内に善玉菌が増えるほど、悪玉菌の住む場所は少なくなっていきます。
そうすることで、腸内が善玉菌優位になり、腸の機能が活性化されてくれます。

悪玉菌が少なくなることで、腸の病気などにもなりにくくなるという効果もあります。

さらに、乳酸菌は腸だけでなく、胃にも好影響を与えることがあります。
胃に存在しているピロリ菌などの悪い菌を減らしてくれたり、胃の調子を整えてくれることもあります。

また、乳酸菌の中でも、ビフィズス菌は腸内に長くとどまるとされています。
乳酸菌などの菌類は、死んでしまったり、便と一緒に排出されてしまうので、継続摂取が必要です。
ビフィズス菌の場合には、ある程度長い期間腸内にとどまって好影響を発揮してくれるので、腸内環境の改善により効果が高いとされています。

その他、乳酸菌は免疫力の向上も行なうという研究結果が出ています。
風邪の予防や、インフルエンザの予防などにも、乳酸菌をとると役立ってくれます。