タグ「動物性乳酸菌」が付けられているもの

misotukumono.png

乳酸菌には、動物性乳酸菌と植物性乳酸菌の2種類があります。
それぞれ含まれている食品も、体内に取り込んだ後の効果も違うのです。

動物性は、ヨーグルトを始め牛乳から作られた食品に含まれています。
暖かい環境で活発に動き、強い力を持った乳酸菌でしょう。

しかし、動物性の物はすぐに死滅してしまう弱さも兼ね備えています。
ヨーグルトには沢山の乳酸菌が含まれてると言われていますが、胃に到達して効果を発揮する前に、胃酸の影響でほとんどの物が無くなってしまうのです。
沢山摂取をする事も大切ですが、胃腸まで届き効果を発揮するのはごく一部でしょう。

植物性は、味噌や漬物等植物から作られた食品に含まれる乳酸菌です。

長期間発酵する事で作られ、塩分の多い環境で育つ事から、動物性の物よりも耐久性のあると言う点が、植物性の特徴でしょう。

その為、体内に取り込んでも胃酸で死滅する事は殆どなく、健康な状態で腸まで到達出来るのです。

乳酸菌は、腸内まで届かなければその効果を発揮する事が出来ません。
確かにヨーグルトは健康に良い、腸内環境を整えてくれると評判ですが、植物性乳酸菌の方が高い効果を実感する事が出来るのではないでしょうか。

便秘に高い効果を実感する事が出来るのは、植物性乳酸菌です。
植物性は、漬物に多く含まれているので同時に野菜も沢山補給する事が出来ます。
野菜の栄養と乳酸菌の力で、より高い便秘解消効果を実感する事が出来るかも知れませんね。

動物性乳酸菌を多く含む食品

yogurto.PNG

乳酸菌には、動物性乳酸菌と植物性乳酸菌の2種類あると言う事をご存じでしょうか。

動物性乳酸菌は、乳製品と聞いてすぐに思い浮かぶものが含まれてます。
牛乳主体で作られた、チーズやヨーグルトは動物性乳酸菌に分類されます。

他にも動物性乳酸菌は沢山有ります。
バターやスキムミルク、練乳や育児用粉ミルクも全て牛乳から作る事が出来ますよね。
牛乳から生まれる乳製品のほとんどが、動物性乳酸菌に分類されるのです。

しかし、動物性乳酸菌が苦手と言う人も沢山います。
胃が弱い方等は、牛乳から作られた食品を食べるとお腹が痛くなってしまう人や下痢の症状が起きる人もいるのです。

乳製品を摂取すると、腸内の活動が活発になり、蠕動活動も起きてくるでしょう。
もともと腸が弱い人は、急な腸の動きに耐え切れずに腹痛を起こしてしまうのです。

もし、胃腸が弱いけれども動物性乳酸菌を摂取したいのであれば、温めた牛乳等から摂取し始めて見ては如何でしょうか。
お腹に何かを入れてから食べ始める事も良いと言われています。

乳酸菌を摂る事はとても良い事ですが、動物性乳酸菌は乳酸菌の力も強く、体内ですぐに効果を実感する事が出来るのです。
もし、胃腸が弱いけれども乳酸菌を取りたいので有れば、動物性ではなく植物性の乳酸菌を取った方が良いかも知れませんね。
植物性乳酸菌を含んだ食品も沢山有りますし、そちらの方が体に優しく、胃腸に弱い方でも安心して摂取をする事が出来る食品も多いのです。

動物性乳酸菌の特徴

牛乳.png

動物性乳酸菌の特徴は、まず、動物のミルクに含まれているという点にあります。
牛のミルクに含まれる乳酸菌が有名ですが、その他の動物のミルクにも含まれています。

ヨーグルトなども動物性乳酸菌が使われていましたが、最近では植物性乳酸菌も多く使われるようになっています。
また、動物性乳酸菌は植物性乳酸菌に比べて、それほど丈夫でない点が特徴となっています。

餌に関しても、乳糖以外は食べることができず、積極的に乳糖を摂取しないと腸内で生息することもできなくなります。
胃酸で溶けてしまうことも多く、他の微生物と共存が難しいという特徴もあります。

さらに、動物性乳酸菌は乾燥にも強くありません
ある程度の水分量が必要となっており、あまり乾燥した食品は作ることができないという特徴を持っています。

熱にも弱いので、熱い温度で料理してしまうと、死滅してしまうこともあります。

ただし、動物性乳酸菌の死骸に関しても、摂取すると腸内の善玉菌の餌になったり、免疫系を刺激してくれると言われています。
動物性乳酸菌はとっても意味がないということはなく、しっかりと摂取しておいた方が健康に良くなると言えるでしょう。

動物性乳酸菌を利用した料理としては、くさやや鮒寿司、キビヤックなどの料理が有名です。
世界一臭い食べ物とも言われるシュールストレミングも動物性乳酸菌を使った料理となっています。

このように、動物性乳酸菌は少し弱い乳酸菌ですが、食べることで健康に役立ってくれる乳酸菌となっています。

乳酸菌は大きく分けて2つある

2syuruinonyuusannkinn.png

乳酸菌は大きく分けて植物性乳酸菌と動物性乳酸菌に分けられます。
両者の違いは、植物性乳酸菌が植物由来のもので、動物性乳酸菌が牛のミルクなどに含まれる乳酸菌という違いがあります。

一般的に植物性乳酸菌の方が、過酷な環境でも生き抜くことができるので、体に対して好影響が出やすいとされています。
その理由として、植物性乳酸菌は、ブドウ糖や果糖、ショ糖、麦芽糖などの多糖類を食べて生きていくことができます。
それに比べて、動物性乳酸菌は乳糖を食べて行くしか生きる手段がありません。
さらに、植物性乳酸菌は糖の濃度がまちまちであったとしても、しっかりと生息することができます。

動物性乳酸菌は、糖の濃度が一定のところでないと、うまく生きることができません。
頑丈さにかなりの違いがあり、植物性乳酸菌の方が餌の種類も豊富です。
塩分濃度に関しても、動物性乳酸菌は濃度が高いと生きていくことができないです。

植物性乳酸菌は漬物などに代表されるように、高濃度でも生きることができ、美味しい料理となりやすいです。
植物性乳酸菌は様々な微生物と共存することも可能となっています。
動物性乳酸菌は、あまり色々な微生物と共存することができず、単独でないと生存できないことも多いです。

日本はこの植物性乳酸菌を含んだ食品が豊富にある国だとされています。
ミソやぬか漬け、漬物などが伝統的に料理としてあり、自然と植物性乳酸菌を摂取することができます。

しょうゆやたくあん、日本酒などからも植物性乳酸菌を摂取することができるので、丈夫な植物性乳酸菌を積極的に摂取してみて下さい。