タグ「植物性乳酸菌」が付けられているもの

植物性乳酸菌が注目されている?

kimuti.PNG

乳酸菌には、
「植物性乳酸菌」と「動物性乳酸菌」があります。

ヨーグルトやチーズなどは、「動物性乳酸菌」です。

「植物性乳酸菌」は、主に代表的なものは、漬け物、味噌、醤油、キムチ、日本酒などです。

これらは、昔から食べられている食品で、昔の日本人は知らずに健康的な食事をしていたのです。

その証拠に大腸がんになった人数を調査すると
欧米化とともに入ってきた「お肉やファーストフード」などに人気がではじめた1970年代を境に増えているのです。

しかし現代は、食生活の見直しや、健康ブームもあり、腸内環境を整えるために必要な「乳酸菌」に注目が集まりだしました

それは、植物性乳酸菌です。

食事では、納豆、漬け物、味噌汁などでとるのが良いのですが、仕事で外食が多い人は「植物性乳酸菌ラブレ」などを飲んで補うのも方法です。

どちらも腸には良い乳酸菌ですが、とりすぎると、
漬け物だと塩分、ラブレだと糖質のとりすぎになるので、注意が必要です。

バランス良く摂るように心掛けましょう。

misotukumono.png

乳酸菌には、動物性乳酸菌と植物性乳酸菌の2種類があります。
それぞれ含まれている食品も、体内に取り込んだ後の効果も違うのです。

動物性は、ヨーグルトを始め牛乳から作られた食品に含まれています。
暖かい環境で活発に動き、強い力を持った乳酸菌でしょう。

しかし、動物性の物はすぐに死滅してしまう弱さも兼ね備えています。
ヨーグルトには沢山の乳酸菌が含まれてると言われていますが、胃に到達して効果を発揮する前に、胃酸の影響でほとんどの物が無くなってしまうのです。
沢山摂取をする事も大切ですが、胃腸まで届き効果を発揮するのはごく一部でしょう。

植物性は、味噌や漬物等植物から作られた食品に含まれる乳酸菌です。

長期間発酵する事で作られ、塩分の多い環境で育つ事から、動物性の物よりも耐久性のあると言う点が、植物性の特徴でしょう。

その為、体内に取り込んでも胃酸で死滅する事は殆どなく、健康な状態で腸まで到達出来るのです。

乳酸菌は、腸内まで届かなければその効果を発揮する事が出来ません。
確かにヨーグルトは健康に良い、腸内環境を整えてくれると評判ですが、植物性乳酸菌の方が高い効果を実感する事が出来るのではないでしょうか。

便秘に高い効果を実感する事が出来るのは、植物性乳酸菌です。
植物性は、漬物に多く含まれているので同時に野菜も沢山補給する事が出来ます。
野菜の栄養と乳酸菌の力で、より高い便秘解消効果を実感する事が出来るかも知れませんね。

植物性乳酸菌を多く含む食品

kimutitukemono.png

乳酸菌が含まれている食品と聞いて、一番最初に何が思い浮かびますか。
多くの方は、ヨーグルトや牛乳等の動物性乳酸菌を想像すると思います。

しかし、乳酸菌の中には植物性乳酸菌と言うものもあるのです。

植物性の乳酸菌は、体に優しい食品ばかりです。
ぬか漬けやキムチを始め、味噌やお醤油等に含まれています。
動物性は、牛乳等の動物から摂る事が出来る乳酸菌ですが、植物性は穀物類等の植物から摂る事が出来る成分です。

けれども、植物から摂る事が出来るもの全てが、植物性乳酸菌と言う訳ではありません。
乳酸菌は数百、数万という種類があり、その中から100度の高温でも耐える事が出来る乳酸菌が健康に影響を与えるものとなるのです。

腸内環境を整えたいのであれば、耐久性の強い、良い植物性乳酸菌を含んだ食品を選ぶようにしましょう。

植物性の中でも、特に沢山含んでいるのがぬか漬けです。
乳酸菌は発酵をする際に発生するものですが、ぬか漬けを発酵して作る事によって沢山の乳酸菌が生まれます。
沢山の塩分を含んで作られるので、胃液に負けない強い物を作り出す事が出来ます。

逆に、醤油は加熱して使う事が多く、沢山の成分を補給する事が難しい食品です。
乳酸菌は熱に弱い物も多いので、加熱する事でその効果を失ってしまいます。

植物性は、動物性の物に比べて高い効果を発揮してくれます。
体にも優しく食べやすい物も多いので、日ごろから植物性乳酸菌を摂取するように心掛けて見ては如何でしょうか。

植物性乳酸菌の特徴

Fotolia_44844168_XS.jpg

植物性乳酸菌の特徴として、動物性乳酸菌に比べて非常に丈夫であるという特徴があります。
特に最近注目されているのが、酸に強いという点です。

乳酸菌は胃酸で殺されてしまうので、なかなか腸まで生きて到達できないと聞いたことがあるかもしれません。
しかし、それは動物性乳酸菌での話です。

植物性乳酸菌の場合には、しっかりと胃酸に負けずに腸内にたどりつくことができ、体に好影響を与えてくれます。
一般的に植物性乳酸菌が腸内で生存する確率は、動物性乳酸菌の10倍と言われており、腸内環境にも強い乳酸菌です。

それと、植物性乳酸菌は、餌の種類が豊富な点が特徴となっています。
動物性乳酸菌の場合には、乳糖しか食べられないので、餌が不足してしまうこともあります。

しかし、植物性乳酸菌は、ブドウ糖から果糖、ショ糖、麦芽糖など色々な糖類を食べることができます。
腸内に送っておけば、勝手に腸内の糖類を食べて増えてくれる点で、管理も楽な乳酸菌だと言えます。

漬物やみそ、しょうゆ、酒、寿司など多くの食品に植物性乳酸菌は使われており、日常的に摂取する機会も多い乳酸菌でもあります。

植物性乳酸菌は、免疫活性作用やがんの防止作用、便秘や下痢の解消、風邪やインフルエンザの予防効果もあります。
便秘気味の時や、下痢気味の時に摂取できるように、整腸剤などにも配合されていることがあります。

しっかりと植物性乳酸菌を摂取して、体を健康に保つようにしてください。

乳酸菌は大きく分けて2つある

2syuruinonyuusannkinn.png

乳酸菌は大きく分けて植物性乳酸菌と動物性乳酸菌に分けられます。
両者の違いは、植物性乳酸菌が植物由来のもので、動物性乳酸菌が牛のミルクなどに含まれる乳酸菌という違いがあります。

一般的に植物性乳酸菌の方が、過酷な環境でも生き抜くことができるので、体に対して好影響が出やすいとされています。
その理由として、植物性乳酸菌は、ブドウ糖や果糖、ショ糖、麦芽糖などの多糖類を食べて生きていくことができます。
それに比べて、動物性乳酸菌は乳糖を食べて行くしか生きる手段がありません。
さらに、植物性乳酸菌は糖の濃度がまちまちであったとしても、しっかりと生息することができます。

動物性乳酸菌は、糖の濃度が一定のところでないと、うまく生きることができません。
頑丈さにかなりの違いがあり、植物性乳酸菌の方が餌の種類も豊富です。
塩分濃度に関しても、動物性乳酸菌は濃度が高いと生きていくことができないです。

植物性乳酸菌は漬物などに代表されるように、高濃度でも生きることができ、美味しい料理となりやすいです。
植物性乳酸菌は様々な微生物と共存することも可能となっています。
動物性乳酸菌は、あまり色々な微生物と共存することができず、単独でないと生存できないことも多いです。

日本はこの植物性乳酸菌を含んだ食品が豊富にある国だとされています。
ミソやぬか漬け、漬物などが伝統的に料理としてあり、自然と植物性乳酸菌を摂取することができます。

しょうゆやたくあん、日本酒などからも植物性乳酸菌を摂取することができるので、丈夫な植物性乳酸菌を積極的に摂取してみて下さい。