ブルガリア菌とは

市販のヨーグルト.PNG

ブルガリア菌は、乳酸菌の一種です。
形状は細長い棒状の形をしていまして、ラクトバチルス属に分類されます。

乳酸菌は一種類ではなく、様々な種類がありますがブルガリア菌は人間の腸内に住み着く事が出来ません。
ビフィズス菌やフェカリス菌、そしてアシドフィルス菌は腸内に住み着く事が可能です。

しかしヨーグルトを製造する上で欠かせない菌として使用されていますから、ヨーグルトを食べている人の中にはブルガリア菌を使用した物を食べている人もいるでしょう。

1905年にブルガリアの医学者であるスタメン・グリゴロフによって発見されたのが始まりです。
27歳のときブルガリアの伝統的な壷に入ったヨーグルトに含まれている菌について調べていました。
その結果として3種類の嫌気性菌があることが分かりまして、その中の一種類がブルガリア菌になります。

国際的には、ブルガリア菌とサーモフィラス菌を使ってヨーグルトを作るのが一般的ですが、日本では人間の体内に住みつく事が出来る善玉菌のビフィズス菌やアシドフィルス菌が良く使われていますから、ビフィズス菌の方が知られているかもしれません。

ヨーロッパのヨーグルト生成では、、サーモフィラス菌がはじめに乳の中に微量に含まれるアミノ酸を利用して増殖をしていきますが、この際にアミノ酸とペプチドを作ります。

そのアミノ酸とペプチドを利用して増殖するのがブルガリア菌になりますので、この二つが必要になるわけです。
どちらか片方だけですと繁殖しにくい状況にあります。

ビフィズス菌とは

ヨーグルト2.PNG

ビフィズス菌は、よくヨーグルトなどで表示されている菌ですが、私たち人間の腸内にも存在している菌です。
私達の腸内には、1000兆個もの細菌が生息しているとされていますが、その中の一つがビフィズス菌になります。

腸内に存在しているのは、善玉菌、悪玉菌、日和見菌に分かれていますが、体に良いのが善玉菌と聞きました。
善玉菌であるビフィズス菌が、多いほど腸の働きは良くなりますので、便秘などを引き起こす事はありませんが、
善玉菌が少なくなると便秘になってしまう事があります。

ビフィズス菌は、加齢で減少していくものではありますが、その他にも食生活が乱れていたり、ストレスを感じると減少してしまいます。
そして悪玉菌の数が増えてきますから腸の調子が悪くなる事や便秘になってしまいます。

ビフィズス菌の中には、ビフィダム種やブレーベ種、そしてロンガム種、さらにラクティス種で分けられていまして、さらに細分化された特定のビフィズス菌がありますので、一つ一つに違いがあり一緒ではありません。
さらにメーカーが特許を申請して他のメーカーが使えないビフィズス菌もあります。

例えばブレーベ菌は、ヤクルトが独自に保有しているビフィズス菌です。
排便をしやすくする効果のほかにも潰瘍性大腸炎の症状を抑える効果があるとされています。

同じビフィズス菌でもSBT2928はコレステロール値を下げる効果がありますし、ビフィズス菌SPは血糖値の上昇を抑える効果がありますので、菌によって使い分けするのも良いでしょう。

ペディオコッカス属とは

sougou.png

ペディオコッカス属は、グラム陽性の球菌です。
4連球菌の配列になっていまして、ホモ乳酸発行をしてきます。

発酵植物製品から分離される事が多いのも特徴になるでしょう。
ピクルスや発酵槽ーセージなどに見られる事が多いです。
キムチもこのペディオコッカス属に属しています。

代表的な菌としてはP. ハロフィルスやP. ペントサセウス 、そしてP. アシディラクティシ、さらにP. ダムノサスがあります。
味噌や醤油は、ハロフィルス菌です。
サラミソーセージは、セルジシエ菌になります。

ハオフィルス菌の特徴は、醤油乳酸菌とも呼ばれていまして、耐塩性が強いのが特徴になるでしょう。
味噌にも使われていますが、塩分を和らげる性質がありました。
発酵していくにつれて味に深みを持たせたり、香りを良くする役割がありますから、
醤油の製造工程や味噌の製造工程で使われる事もあるでしょう。

その中では植物性乳酸菌OSがありますが、腸内環境を改善する働きがある事が分かってきました。
動物実験を行った結果として、植物性乳酸菌OSを4週間与えた所、腸内のビフィズス菌が顕著に増殖していたそうです。

人間での試験も行っていますが、植物性乳酸菌OSで発酵させた野菜や果実汁を混合してできた飲料を2週間程度飲んだ実験があります。
後の結果では、排便のない日がある人で、排便回数や排便日数、排便量が大きく改善した事が分かっています
特に週三日以上の便秘がちな人に効果がある事が分かりました。

ストレプトコッカス属とは

raburekin.png

ストレプトコッカス属は、人間の口腔に棲息したり、動物にも多く棲息しています。
虫歯の原因菌とされているミュータンス菌もこれに属しています。

ストレプトコッカス属のLB81は、古くから使われてきた乳酸菌で、
ヨーロッパでもポピュラーなブルガリア菌とサーモフィラス菌がありますが、ブルガリア菌2038株とサーモフィラス菌1131株を合わせたものをLB81と呼びます。

このブルガリア菌とサーモフィラス菌は、相性が非常に良い事で知られていますが、単独よりも組み合わせて使われていることが多いでしょう。
これはお互いの弱点を補いながら増殖していく特徴があるのも関係しています。

サーモフィラス菌のほうが生育が早いのですが、わずかなアミノ酸やペプチドで増殖していきます。
ブルガリア菌が増殖しやすい蟻酸を作りまして、それを摂り込んでブルガリア菌が増殖をしてきます。

さらにブルガリア菌は、蟻酸を摂り込んで増殖していきますが、アミノ酸やペプチドを作る機能を果たしています。
サーモフィラス菌はブルガリア菌が作り出したアミノ酸やペプチドを利用して増殖していきますので、相互に成長する事が可能です。

ブルガリア菌2038株とサーモフィラス菌1131株をあわせたLB81は、高い整腸作用と美容効果があると言われています。
便秘解消効果も期待できるのも特徴になるでしょう。

スプレットコッカス属はレンサ球菌ですが、グラム陽性の球菌で、真正細菌の総称です。
ループ状のブドウ球菌に対して連鎖球菌と名前が付けらています。

ラクトコッカス属とは

カスピ海ヨーグルト2.PNG

ラクトコッカス属は、ホモ乳酸菌の一種で、グラム陽性菌に分けられています。
形は連鎖状になるか、双球菌の配列をとる事で知られています。

球菌の状態で芽胞を形成しないのも特徴になるでしょう。
また運動性を持ちません。
ヨーグルトやチーズなどの乳酸発酵食品に多く含まれていました。

酸性やアルカリ性、そして塩濃度の変動に強い特性がありまして、自然界の広く分布しているのも特徴になります。
ラクトコッカス属乳酸菌の健康維持機能がある事が分かりました。

コレステロール除去能や免疫賦活能およびアレルギー発症に関与するIgE抗体の産生抑制をする作用がある事が発見されました。
マウスの実験では、老化抑制作用も分かってきていまして、実験を続ける事で実用化を進めていると聞いています。

ヨーグルトを食べている人は健康志向が高まっていますから、生活習慣病やアレルギー疾患の増加に対応してそれを抑制する事や改善をすることが出来る事とを期待されているそうです。

研究によって527株およびN7株がコレステロールの除去をする働きがある事が分かっています。
研究を続けていくとヨーグルトなどの食品の中に含まれる事もあると聞きました。
ラクトコッカス属のクレモリスFCとGCL1176株は、カスピ海ヨーグルトを作る乳酸菌です。

1986年に京都大学名誉教授の家森幸男氏がコーカサス地方から持ち帰って広められたと聞いています。
消化酵素に分解されない特徴がありまして、腸内での効果が発揮されると聞いています。

急激な血糖値の上昇を抑える効果もありますから、毎日カスピ海ヨーグルトを食べる人もいるようです。
免疫活性化作用がる事からインフルエンザ対策にも良いのではないかと期待されています。

エンテロコッカス属とは

nyuusannkinn.fw.png

エンテロコッカス属は、乳酸球菌で、エンテロが腸内という意味で、コッカスが球状の意味を持っています。
腸球菌とも呼ばれていて、人間などを含む哺乳類の腸管内に存在する常在菌の中で、球菌の形を取っているものを指していると聞きました。

外界では繁殖しにくい特徴がありまして、人間や哺乳類の糞尿で汚染をされない限りは、水や土壌にほとんど分布しないのも特徴になります。
大腸菌よりも加熱や冷凍に強い特性がありまして、大腸菌群の汚染指標として、食品衛生法に照らした清涼飲料水などの基準として用いられる事があるそうです。

病原性は弱いとされていますので、通常であれば無害です。
グルコースやマルトース、そしてラクトース、さらにスクロースを分解することが出来まして、60度の過熱に30分耐えられる菌もあると聞きました。

ただし免疫不全になっている場合は、日和見感染の例が知られているのもありましてた。
敗血症を引き起こす可能性がありますから、様子がおかしいと思った場合は医療機関に相談すると良いでしょう。
また抵抗力がかなり弱まっている場合も注意が必要と聞いています。

ヨーグルトなどの乳製品や醤油、あるいは肉、そして魚、さらに野菜などにも多く見られるものです。
グラム陽性の球菌で、乳酸のみを産生を行っているもので、ホモ乳酸発酵しています。
整腸薬としてビフィドバクテリウムやラクトバチルス、そしてエンテロコッカスを混合して作られたものもありますから、利用されている人もいるでしょう。

ラクトバシラス属とは

karadaniiiyoguruto.png

乳酸菌に分類されているラクトバシラス属は、グラム陽性の桿菌でありラクトバチルスと呼ばれる事もあるそうです。
乳酸菌の代表的な存在でもありますが、この属性に分類されているのは70種類以上ありまして、乳酸などの多くの有機物を産生しています。

ラクトバシラス属の特徴として耐酸性に優れているのが特徴になるでしょう。
この属性に分類されているものでは、種によって乳酸のみを産生さんしているホモ乳酸発酵を行っているものがあります。

また乳酸以外のものを産生しているものもありましてヘテロ乳酸発行しているものもあると聞きました。

ラクトバシラス属は、容易に分離することが出来ますので、ヨーグルトの製造には古くから使われてきたのもラクトバシラス属になります。
人間や動物の消化器官にもラクトバシラス属は、生息しておりますから糞便からも分離される事がります。

また女性の膣内に生息するデーデルライン桿菌も主にラクトバシラス属で構成されていると聞きました。
最近ヨーグルトのコマーシャルなどで出てくるLカゼイ菌は、ラクトバシラス属で、ヨーグルトや乳酸菌飲料に含まれています。
腸内にも存在していますので、ヨーグルトとして摂取する事や乳酸菌飲料で体内に摂り込むと良い作用をする事でしょう。
主な菌ではプルガリクスがヨーグルトや乳酸菌飲料に使われています。

プルガリクスはヨーグルトや乳酸菌飲料に使われていました。
アシドフィルスはヨーグルトや乳酸菌飲料乳、そして酸菌製剤に使われています。
カゼイは、チーズやはっ酵乳、そして酸菌飲料に使われていました。
プランタルムは、はっ酵食品やサイレージに使われています。
         

乳酸菌の口臭予防効果

69b66d9ad7bf0a25d7dbd3d74ac1eeef_s.jpg

口臭は、自分では気づき難い物ですよね。
年齢を追うごとに、口内の唾液分泌量が減り口臭も悪化して行くと言われています。
自分自身では気づき難い物ですし、人からも指摘しにくい部分でしょう。

そんな口臭予防として乳酸菌が良いと言う事をご存じでしょうか。

口臭の主な原因は、虫歯菌や歯周病菌なのです。
どちらも一度発生してしまうと改善しにくい物なのですが、乳酸菌はそれらの病原菌抑制に高い効果を発揮してくれるのです。

唾液の中には、LS1乳酸菌と言う成分があります。
この成分は発酵食品に多く含まれている乳酸菌であり、口内の細菌バランスを整える効果のある乳酸菌なのです。

口内は湿った空間なので、細菌が繁殖しやすい空間です。
しっかりと乳酸菌を摂取する事で、細菌の繁殖を防ぎ口臭予防にも繋がるでしょう。

口臭対策と言うと、普段の歯磨きを始め、口臭対策スプレーや食品等、色々な物が有りますよね。
もちろん普段の食生活や口内清掃で口臭を予防する事も大切です。

それに加えて、乳酸菌でも口臭予防をして見ませんか。
口臭対策のスプレーだけでは、口内に増殖した細菌を消滅させる事は出来ません。
最近は、LS1乳酸菌の効果の高さがどんどん注目され、LS1乳酸菌を配合した口臭改善タブレットや歯磨きまで販売されている程なのです。

勿論ヨーグルト等からも摂取をする事が出来ます。

日頃からしっかりと口臭ケアをし口内の細菌を減らす事で、口臭に悩む心配も無くなります。

乳酸菌の高血圧防止効果

血圧.PNG

高血圧は、日本人がとても起こりやすい病気の一つです。
40歳以上の半数程が高血圧に悩まされていると言われています。
そんな高血圧の予防対策として、乳酸菌が注目されているのです。

元々、高血圧の原因は日ごろの食生活や生活習慣、そして血管の老化だそうです。
特に塩分の多い食事や脂肪分の多い食生活をしていると、高血圧になり易いと言われています。

そこで、乳酸菌の出番です。
乳酸菌を摂取する事で、腸内環境が整い消化吸収機能が強化されます。
脂肪分や塩分の多い食事をしていると、悪玉菌はどんどん増え腸内環境は悪化してしまいますよね。
胃腸に負担も掛かり、高血圧になってしまい易い体内環境を作ってしまいます。

中性脂肪や悪玉コレステロール等、体に悪い成分が消化されなければそのまま血液中に悪い成分を送り込んでしまい、血管の環境も悪化し、高血圧の症状が出てきてしまいます。

しかし、日ごろから乳酸菌を摂取していると、悪玉菌を退治し腸内環境を整えてくれるのです。
乳酸菌が悪玉菌を退治する酸を作り、腸内環境が整い、消化吸収を良くする効果を得る事が出来るでしょう。

健康の為には、生きたままの乳酸菌を体内に送り込む事が大切だと言われています。
乳酸菌を摂取していても、生きた状態で腸まで届く事が出来るのは、ほんの一部だけなのです。
日頃からしっかりと乳酸菌を摂取して、高血圧の予防をして見ませんか。
年配の方はもちろん、20代、30代のうちからしっかりと高血圧予防をする事をお奨めします。

乳酸菌を効率よく摂るためにおススメのサプリは?

乳酸菌サプリ.png

乳酸菌のサプリメントは、様々なメーカーから発売されています。

あまりにも種類が多くて

「どのサプリメントが良いのか分からない。。」

という声も少なくありません。

そこで、ここでは"乳酸菌サプリを選ぶ基準"をお伝えしていきます。

まず、よく耳にすることが多い『生きたままお腹の中に届く』についてですが、これは半分正解、半分は根拠がないと言えます。

正解な部分について、まず、胃や腸で破壊されてしまうとNG。

つまり、胃酸や胆汁(消化液)で壊されたり吸収されてしまっては効果がありませんので、形状を保ったまま大腸まで届く必要があります。 次に、生きてるか死んでるかについては諸説がありますが、「関係無い」という見解が主流となりつつあります。

それは、外部から取り入れた乳酸菌を含む菌は体内に定着しづらいため、生きたまま届いたとしても定着率は限りなく0%に等しいためです。

乳酸菌の働きは?.pngそして、死菌(死んでいる乳酸菌)でも、破壊や吸収されずに大腸まで届くことができれば、元々腸内に生息する善玉菌のエサになること、腸に届いた死菌は活菌(生きた乳酸菌)と同じく腸を刺激し、蠕動運動(ぜんどううんどう:便を送り出す運動)を起こさせる効果があるため。 と言われています。

次に乳酸菌の種類についてですが、 古くはヤクルトやカルピスに含まれるラクトバチルス系の乳酸菌、最近はラブレ菌が話題を集め、人気となっていますが・・それらを摂ると便秘は解消できるのでしょうか?

口コミサイトをチェックして頂ければ分かりますが、 「とても効果がありました!」「残念ですが、私には効果ありませんでした。」 と、意見はマチマチです。

その理由は、人によって『お腹に合う乳酸菌が異なるため』なのです。

ですので、「沢山の人が効果が体験出来ているからこの商品を試してみよう!」といっても、配合されている乳酸菌の種類が少ないサプリメントは"あなたに合わない可能性"が拭えません。

そのことから、『配合されている乳酸菌の種類が多いほど優れている』と言えます。

最後に、1粒(包)辺りに含まれている乳酸菌の数についてですが、 これは『多い程良い』と言えます。

先の『生きたままお腹の中に届く』にてお伝えした通り、いくら消化液に強く大腸まで届く乳酸菌だとしても、大腸まで届く"確率が高い"という意味で、100%届くワケではありません。

そのことから、確率を上げるためにも1粒(包)辺りの数が多いほど、効果が期待できるサプリメントである。と考えられます。 (乳酸菌は取り過ぎても過剰分は体外に排出されるため、問題ありません)

以上のことから、「便秘解消」「体質改善」「健康増進」など、目的は違っても、乳酸菌を効率よく摂るために優れているサプリメントは、

【胃酸や胆汁などの消化液に強いこと】

【配合されている乳酸菌の種類が多いこと】

【1粒(包)辺りに含まれている乳酸菌の数が多いこと】

この3つを満たしていることが条件となります。

乳酸菌革命の中身.pngその視点を元に数多ある乳酸菌サプリメントを比較した結果、 こちらのサイトで紹介されている「乳酸菌革命」が最高の乳酸菌サプリメントだと言えます。

⇒ 乳酸菌革命の詳細はこちら

ただし、どの目的で乳酸菌を摂取するにしても、即効性を求めてはNGです。

いくら優れたサプリメントでも、"体質の改善は1ヶ月程度ではまず不可能"ということは肝に銘じて取り組んでみてくださいね。

乳酸菌を摂取する目的は腸内環境の改善(お腹の中の状態を整えること)です。

頑張って継続すれば必ず、思い描かれている状態になれますよ!